【たくさんの人が間違えて使っている!?】発毛剤と育毛剤の違い

年齢による薄毛や抜け毛などの頭皮トラブル、避けては通れない道と諦めていませんか?最近では若くして頭皮トラブルに悩む若者も増えてきています。どうにかしようとネットで検索するものの、「育毛剤では毛が生えない!」とか「この発毛剤が良い、または悪い」など情報が溢れていて、どれを信じれば良いやらわかりません。そもそも、育毛剤と発毛剤の違いもわからないし、自分がどれを使うべきなのかもわからないですよね。そこで、世に溢れている育毛剤と発毛剤の違いを成分や副作用などの点から詳しく分析し、異なる頭皮トラブルからどちらを選べば良いのかを調査してみました!

目次

育毛剤とは?

育毛剤とは、その名にある通り「毛を育てる」目的を持つ製品です。そのため、何もない肌に毛を生やす効能はありません。「毛が細くなってきた」「抜け毛が増えた気がする」などのような初期トラブル発生時や、今後予想される頭皮トラブルを防ぐために使用します。

主な成分とその効能

育毛剤には、ないところに毛を生やす効能はなく、すでにある毛を太く強く育てる効果があります。そもそも頭皮トラブルは、皮脂の過剰分泌や血行不良などが原因となり発生します。そのため、育毛剤には植物から抽出される天然成分やグリチルリチン酸ジカリウムなどが含まれているものが多く、主に頭皮環境を整え、血行を促進して毛の成長を促す効能があります。

適している頭皮トラブル

昔は毎週ヘアサロンに通うほど毛が伸びるのが早かったのに、最近はあまり伸びないなどの「毛の成長が遅い」場合や、シャンプーやドライヤーなどの使用時に毛がいつもより多く抜ける「抜け毛が増えた」場合、フケやベタつきなどが気になる「頭皮環境が悪化した」場合、育毛剤の使用が適していると言えるでしょう。

副作用

数多く出回る育毛剤ですが、使用感や効果に個人差が出るように、商品ごとに含まれる成分やその強さにも違いがあります。また、個人の頭皮環境やアレルギーの有無なども異なりますので、一概に「この副作用がある」と断言することはできません。アレルギーがある、もしくは肌が弱い傾向にある場合は、なるべく天然の成分を使用し添加物を使用していない商品を選びましょう。わからない方は、頭皮へ使用する前にパッチテストを行うことを推奨します。また、商品の成分によってではなく、使い方を間違えているせいで頭皮の異常が発生するケースもあるので、必ず正しい用法・用量を守って使用しましょう。

オススメの育毛剤

頭皮トラブルが「抜け毛」によるものなのか、「毛の成長スピード」によるものなのか、「頭皮環境」によるものなのかで、使用したい成分が変わります。抜け毛を防ぐのであれば「アカツメクサ花エキス(キャピキシル)、エチニルエストラジオール」などの成分が配合されているものを選びましょう。毛の成長スピードを促進したいならば「アセチルデカペプチド、イチョウ葉エキス」などが配合されているもの、頭皮環境を整えるならば「アルニカエキス、グリチルリチン酸時カリウム」などが配合されているものを選びましょう。

育毛剤の正しい使い方

どのような素晴らしい効果を持つ育毛剤を使用しても、その用法・用量・使用期間が守られなければ正しく育毛することができません。また、使用する頭皮自体に汚れが詰まっていても効果を発揮できませんので、正しく洗髪・乾燥するように心がけましょう!また、これらをきちんと守って育毛に励んでも、喫煙や栄養の偏った食事、不規則な睡眠を続けていては、内側から育毛を阻害していることになります。「育毛をする!」と決意したのであれば、半年以上は内面からも外面からも育毛に励みましょう!

発毛剤とは?

育毛剤よりも強力な効果を持つのが発毛剤です。なぜなら、発毛剤は毛が抜けてしまった箇所に再度毛を生やす作用があるからです。強力な成分を含んでいるため、脱毛症などの症状を持つ患者さんに使われることも多く、処方箋を必要とする場合や第一類医薬品に分類されることが多いです。

主な成分とその効能

発毛剤には「髪を生やす成分」として、厚生労働省に認可されている「ミノキシジル」が配合されている事が特徴です。これは発毛剤にのみ配合が認められている成分で、育毛剤には配合されていません。ミノキシジルには、血行促進や毛包を活性化させる効果があります。

適している頭皮トラブル

頭頂部が禿げてきた場合や生え際の後退など、毛を生やしたい場合に使用すると良いでしょう。強い成分が含まれているため、副作用やかゆみなどが発生する可能性も高いので、「抜け毛が気になる」「髪にコシが欲しい」など、禿げてはいないけれど髪を強くしたい場合には、育毛剤の方が向いているかもしれません。


副作用

育毛剤に比べて強力な成分を含んでいる分、かゆみやかぶれが発生しやすい傾向にあります。それらの他にも頭痛や動機、抑うつ感の発生といった症状もごくわずかながら発生している報告があるので、用法用量や使用方法に注意を払って使用する事が望ましいでしょう。病気や怪我などによって他の薬を使用している場合は医師に確認してから使用した方が良いですし、妊娠中または授乳中の使用は避けましょう。

オススメの発毛剤

「リアップ」シリーズや「スカルプD」など、オンラインでも薬剤師との問診を経て購入する事が可能ですし、薬局でも購入ができます。強力なものはミノキシジル5ml配合のものですが、肌が弱い方や心配な方、女性は1ml配合のものから始めてみることをオススメします。

発毛剤の正しい使い方

発毛剤により使用頻度や使用量、使用方法が異なるので、事前にきちんと確認してから使いましょう。また、育毛剤と同じくきちんと洗髪・乾燥を行ってから使用し、食事や睡眠などの生活環境の改善も心がけましょう。

育毛剤や発毛剤を使うにあたっての注意点

「毛が少なくなる」「生え際が目立つ」などの頭皮トラブルが目につくと、すぐに発毛剤や育毛剤を使用したくなりますね。早くケアをした方が良いのはもっともですが、間違った商品を購入してしまうと、症状が改善されないばかりか悪化させてしまうことも考えられます。そのため、自分の症状と何が原因でそれらが進行しているのかを見極め、その症状を効果的に改善する商品を選ぶ事が大切です。

まずはトラブル発症の原因を探る

現代は、パーマや染髪などによってファッションを楽しむ事ができる一方、髪や頭皮に負担をかけがちです。また、不眠や偏食、喫煙などの不規則な生活環境が頭皮トラブルを発生させているといっても過言ではありません。仕事上ヘルメットなどを常に使用する方は外的ストレスを頭皮にかけていることになりますし、人間関係でのストレスが頭皮トラブルを引き起こしている可能性もあります。このように、遺伝などの他にも考えられる要素はたくさんありますので、まずは自分の置かれている状況を分析しましょう。

半年は正しい使用方法で継続する

自分の頭皮トラブルも「薄毛」「抜け毛」「フケ」「禿げ」など様々ですので、それらの原因に対処できる商品を選ぶようにしましょう。使用方法や使用量をきちんと確認し、最低でも半年以上は使用を継続してください。せっかく効果的な成分を含んだ発毛剤であっても、使用を中断するとまた脱毛が始まりますので、きちんと毛の生え変わる周期以上使い続ける事が望まれます。育毛剤にも発毛剤にも言える事ですが、洗髪や乾燥といった基本的な過程がきちんと行われていないと、症状改善どころか頭皮トラブルを進行させてしまう可能性があります。今一度、基本的な作業を見直してみましょう。

かゆみや赤みが発生した場合

強力な成分が配合されているものを使うほど、かゆみなどの副作用が発生する事が予想されますが、我慢できないほど痒い、または頭皮が赤く腫れているなど、明らかに異常である場合には速やかに使用を中断し、医師に相談してください。

まとめ

育毛剤と発毛剤では、含まれている成分や効果が異なる事がわかりましたね。自分の置かれている生活環境と頭皮トラブルの程度をよく見極め、最適な発毛剤または育毛剤を選びましょう。1日も早く症状が改善され、自信を持ってファッションを楽しめるようになるといいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。